金枝篇とか

そろそろ月一くらいで更新します。 昔よんだ、誰もよまなそうな本の書評とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初版金枝篇 第二章 魂の危機 第一節 王と司祭のタブー

この節は、古代の王や司祭は様々なタブーに晒されていた可哀そうな人たちでした、って話でした。

概要は大体こんな感じ。

『古代の君主って、ろくなもんじゃぁなかったんだよ。

 例えば自然の成り行きは、
 王や司祭が管理している、管理できるとされいた、
 悪天候とか不作とかの災禍は、王の怠惰や罪とされた。
 こうなると王は鞭打ち・縛め・廃位・死刑にされたりした。

 災禍が王の意志とは無関係って考えられた場合も、
 王と自然は連動した存在で、王は世界のバランスの支柱の先端、
 王や司祭は自然の秩序や世界の存在と連動していて、
 王や司祭のわずかな歪みで均衡が崩れると思われていた。
 王の振る舞いが自然の秩序を乱し転覆される可能性がある、
 王の歪みは、自然・世界の振動。
 そして、王の死は自然界の激動。

 このように世界と連動した王様は、
 儀礼、禁止と戒律に取り囲まれていた。
 戒律を守ることによって、
 自然の調和を乱し王・人々・宇宙を破局に陥れる振る舞いは、
 王・人々・宇宙から遠ざけていた。
 王はあらゆる行動を束縛され、自由を抹消されていた。
 (ローマの神官フラメン・ディリアスにも様々な掟があった。)

 だから王や司祭になることを拒む事例も多く、
 空位となったり、無理やりつかせたする。
 王になっても生気のない人間・隠遁者となる。
 権力は別の者に移り、政治権力と宗教の分離が興った。』

この第二章第一節、タブーに囲まれた王の代表として、日本の「ミカド(ダイリ)」と「将軍」のことが書かれています。内容が気になる人は実際に見てみると面白いとおもう。第二章第一節は15ページくらいしかないし、本屋にあれば立ち読みでも読めると思う。結構「なんだこりゃ?」って内容です。
神無月に神々が集まるのは出雲で、出雲大社といえば大国主の神殿、くらいの情報を知っていれば、結構いいかげんだなー、と思うとおもう。

ただ、日本に関する記述がいい加減でも、金枝篇の他の部分が同じようにいい加減とは限らないはずです。例えばギリシャ・ローマ文化は欧米知識人の必須の教養だから、内容がいい加減なら厳しい指摘を受けたはず。現代ヨーロッパの内容も、あまりいい加減なことは書けなかったはずです。あるいは海外についても、特に植民地化が進んだ地域、例えば17世紀から進出し、1858年に直接統治を始めたインド、あるいは他の大英帝国内の情報も、いい加減なことは書けなかったはずです。

じゃあ日本の情報は....というと、、、、引用元は、1841年にシーボルトが書いたものと、1811年にエンゲルバート?という人が書いた本みたい。どっちも鎖国の真っ最中、黒船来航(1853年)の前に書かれた資料。そもそも情報は、宣教師なり旅行者が送るとか、植民地の調査によって集められたはずで、鎖国してキリスト教も禁止していた日本の情報が少なかったのは仕方ないんでしょう。

日本の情報はいいかげんに見えるけど、これが一番いいかげんだと考えておけばいいとおもう、たぶん。
ヨーロッパの儀式がほんとかどうかも実際は知らないんだけどさ。
スポンサーサイト

テーマ:交響詩篇 エウレカセブン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://it73.blog37.fc2.com/tb.php/23-c538eaba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。