金枝篇とか

そろそろ月一くらいで更新します。 昔よんだ、誰もよまなそうな本の書評とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初版金枝篇 第三章 第三節 死神を追放すること

この節では、メイポールとか謝肉祭とか死神追放のときに行われる風習には、「死と復活」という概念が含まれている、との事みたいです。キリスト教の復活祭の前に、神殺し・神の追放を行ってる事を書きたかったのかもしれません。(謝肉祭の後40日後はキリスト教の「復活祭(イースター)」。死神追放の"死の日曜日"は、謝肉祭とイースターの間にある、死の日曜日(四旬節の第4日曜日)です。)

あと、この 第三章 第三節 には、「告解火曜日(Shrove Tuesday)」「灰の水曜日(Ash Wednesday)」「死の日曜日(Jerusalem Sunday)」なんて曜日が出てきました。「Blue Monday」 は無かったけど。



話の流れはこんな感じかな。(今回、手抜きです。)


・樹木崇拝は、神々が主に動物である猟師と羊飼いの宗教と、主に栽培される植物が主要な位置を占める農夫の宗教の、中間に位置するものと推測される。
 殺される神が動物 → 狩猟・牧畜の段階で神殺しと復活の風習・信仰が発生・存在
 殺される神が穀物・穀物を象徴する人間 → 風習は農耕の段階に残っていた
 (→穀物で表象している)

ヨーロッパの農民の、神的存在・超自然的存在の擬態的死が特徴の春の慣例行事が、既に述べたもの(メイポール?)意外に二つある。
 ・謝肉祭の埋葬(告解火曜日(Shrove Tuesday, Shrovetide)か、灰の水曜日(Ash Wednesday)に行われる)
  以前の記述を参照。「告会三ヶ日の熊(藁人形)」や「謝肉祭(藁人形)」が死刑になり、埋葬される、など
  死んだふりをした人間が復活する行事もあり。 
・死神の追放(死の日曜日(Jerusalem Sunday)前後に行われる)
  藁などで作成した死神を、水死、あるいは燃やす。
   「死神追放」の後は、夏や春や生命の訪れを祝う儀式が行われる、あるいは夏や春や生命の訪れが宣言される。
  (グリム童話「老いた女を鋸で挽く」も、死神の追放が形を変えた風習)
  死神の像そのものに、生命の新たな力が着せられ、再生のきっかけなになる事もある。
  →死神には生命を与え活気づかせる力もあり。夏の木。夏をもたらす。五月の木・五月の貴婦人との類似。「死神の追放と夏の呼び入れ」も野人殺しと野人復活と同じ死と蘇生。同じ概念を表す。
  
時期や季節(「謝肉祭」「夏」)、死のような抽象概念の擬人化は太鼓のものとは考えられない(近年のものではないか)。
植物という一般的な概念は、季節と混同される。「夏」「春」「五月」が樹木霊や植物霊の代表になる。
死にかかっている植物・死んだ植物を再生の準備として運び出す変わりに、死(Death = 死神)を運び出す。

ロシアでは、「死神の追放」「謝肉祭の埋葬」に似た儀式が、神話的存在に対して、春と夏、両方行われる。


これらには、復活に先立つ「死」と「復活」という、古く、具体的な概念が潜んでいる。

死神追放には、「死と悲しみ・死者への愛情と尊敬」と、「死者への恐怖と憎悪・死神が死んだことに対する喜び」の、表面上相反する二つの特徴がある。

死神もしくは神話的存在ので追放される人は、目に見える人で表象されないこともある

スポンサーサイト

テーマ:交響詩篇 エウレカセブン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://it73.blog37.fc2.com/tb.php/30-13b764d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。