金枝篇とか

そろそろ月一くらいで更新します。 昔よんだ、誰もよまなそうな本の書評とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネミ湖とネミの森の場所

ネミ湖とネミの森

金枝篇の最初の問いかけの場所、ネミ湖をグーグルの衛星写真で見てみました。縮尺変えて左上を見ると、左上にローマがあります。20~30キロくらいかな。思いのほか近い。

ネミ湖の衛星写真:http://www.google.co.jp/maphp?hl=ja&q=&ie=UTF8&ll=41.711688,12.705345&spn=0.028384,0.05785&t=k&om=1

この湖の上側(北岸)に、昔、ネミの森があったそうです。今はネミの村があるそうです。
写真で見ると、ネミ湖とネミの森は、ちょうど卵形というか雪だるま型に山と崖に囲まれています。頭の部分が昔はネミの森で、雪だるまの胴体が湖。この形は火口湖なのかな。
外界から隔離され、閉ざされた湖とその岸辺の森。ここで2000年の昔に森の王の儀式が行われていたんですね。

(金枝篇、7月1日までにまとめられなかった・・・。体調崩して眠ってたからだけど。)

7/5追記
ネミ湖ってどこかで聞いたことがあると思ったんだけど、紀元一世紀にローマ皇帝のカリグラが巨大な船を浮かべて舟遊びをしたとかいう湖だった。たしか1920年代、ムッソリーニの時代に、湖の水を汲み上げて、全長70メートル以上の船を2隻、ひきあげたとか。
カリグラ帝の時代ってことは、ミネの森の王の前で舟遊びに興じてた、っていうか、ディアナ神殿でのお祭りだったのかな。

(「ダイアン」って「女神ディアナ」だったんだね。翻訳ツール2回通したら、Nemus Dianae の訳が『ダイアンの森』だった。)
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://it73.blog37.fc2.com/tb.php/40-3a3b7e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。