金枝篇とか

そろそろ月一くらいで更新します。 昔よんだ、誰もよまなそうな本の書評とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『捏造された聖書』から見えるキリスト教の事情。

 『捏造された聖書』。内容は聖書の本文批評。キリスト教の編纂史。聖書が創作され、改修・編纂された歴史を綴ったもの。聖書を「一字一句たりとも誤りの無い神の奇跡」と考える人にとっては不謹慎な本ですが。キリスト教の聖書の成立過程を書いた本として、大変興味深い本です。特に、近年話題となった「ユダの福音書」などがどういった経緯で存在したのか、あるいは初期キリスト教の成立過程はどのようなものだったかを感じる大きな手がかりとなるでしょう。それに中世以前のヨーロッパや地中海周辺世界に興味がある人ならば、その世界を知る手がかりになるでしょう。高校で世界史を真面目に学んだ人ならば、後のイスラム教に影響を与えたであろう事に思い至り想像が膨らむかもしれません。
 粗筋を知りたければ、捏造された聖書の書評をググればだいたいわかります。

 そして、この本の面白さはもう一点、はじめに(前書き)と終章にあります。
普通の学生だった著者が、学内キリスト教青年会の活動を通して『本物の「再生」を体験』『私にとって全く新しい、わくわくする体験』をし、『自分こそが「真の」キリスト教徒であると考える』と考るようになります。恐らくこの時、何らかの神秘体験を経験したのでしょう。
 そして聖書を「精霊の霊感によってもたらされた」「無謬なる神の御言葉」とみなし、学んでいくのですが、聖書を学ぶことにより聖書に対する純粋な盲信が揺らぎ、聖書は時代時代で誤字脱字が含まれまた内容が変更(改竄)されたもの、決して完璧ではないものと受け入れていきます。
 最初改変に対して腹を立てていた著者が、次第にその編纂・改変の歴史を受け入れていく心境の変化は、キリスト教徒(あるいは創唱宗教の純粋な信者)ならざる多くの日本人にとって本文の内容と並んで、大変面白いはなしです。

 私はこの著者の心境の変化過程を読んだときに、不思議と勧善懲悪的な爽快さを感じました。そして恐らくここで何を感じるかは、読者個々人が、キリスト教や聖書をどう思っているのか、何を期待しているのかに関係しているのでしょう。


捏造された聖書捏造された聖書
バート・D. アーマン
(柏書房 2006/05)
ISBN : 4-7601-2942-1
商品詳細を見る



2009/8/1一部改定
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://it73.blog37.fc2.com/tb.php/54-1ce3b584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。